家具を知ろう!

家具を理解し快適な空間スペースを演出

トップ > パンくずリスト

ワンポイントコーディネート

家具を置くときにちょっとしたコツをつかめば、部屋の印象はぐっと変わります。ベッドのタイプと種類をしっかりと理解する事が必要となってきます。

部屋を広く見せる

大きな家具を置くと、どうしても部屋の広さが狭くなった印象となります。そこで、広さは変わらないけれども、部屋の印象を少しでも変化させる方法を提案します。

・方法1 対角線を考えよう

部屋の入り口の近くに、背の高い家具を置くと、圧迫感があり部屋が狭く見えるようになります。そのことを逆に考え、入り口から一番遠い所に、背の高いものやインパクトを与えるものを置いて、部屋に入ったときにまずそこに目が行くようにすると部屋の奥行きが強調されます。では、入り口から一番遠い所はどこでしょうか、それは、やはり対角線上になると思います。また、真っ直ぐ対角線上に目が行くように、間に障害物を置かないことも大切になります。

・方法2 背の低い家具

椅子やソファに座って部屋を見たときに、その目線よりも高い位置に家具があると、家具から見下ろされた感覚になり、圧迫感を感じます。家にいるときは座っていることが多いでしょうから、座った目線ぐらいに家具の高さを合わせると、天井までの空間に余裕が生まれるため、広く感じるようになります。

ただ、目線の先に、小物がごちゃごちゃと置いてあると逆効果となりますので、小物はスッキリと飾るようにしてください。また、目線を低めに集めるように、床沖の照明器具を置いたり、色の強いものを置くのも効果があります。ソファに使われる素材にも注意しましょう。

・方法3 ガラス、ミラーを利用しよう

広く見せたいと思うけど、収納物が多いので、低い家具はちょっと難しい、という方は扉部分がガラスになった収納を選ぶとよいかもしれません。圧迫感がなく、スッキリした印象になると思いますが、透明の家具は中が丸見えになりますので、置く物は良く考えてください。半透明のガラス、ナチュラルガラスなどを選ぶほうが無難だと思います。同様にセンターテーブルもガラスにすると、存在感のあるソファでも合いやすいそうです。

また、大き目のミラーを目線の高さに置くと、広く見せる効果は絶大です。これは、お店などで経験している人は多いのではないでしょうか。思い切って大きいサイズのするのがいいと思います。

・方法4 色をまとめよう

狭い部屋にたくさんの色があると、ごちゃごちゃした印象になり、そのため落ち着かない印象と狭い印象を与えることになります。カーテンやカーペット、ソファなど面積の大きいものは色を合わせることでスッキリ見せることができます。

・方法5 収納上手になろう

これはどんな部屋でも言える事ですが、収納方法を上手く使い分けることさえできれば、狭い部屋を広く見せることもできます。具体的には狭い部屋出の収納は、スッキリ隠すようにして少量の小物を飾るほうが、広く見せることができますし、その方がおしゃれに見えます。後悔しない寝具の選び方を習得しましょう。

色について補足

部屋作りには、テーマカラーを決めるのが第一歩です。一般的には2色〜3色程度の色を決めて、部屋を統一するとまとまって見えると言われています。色がおよぼす心理効果は実際に認められていて、青い色の街灯をつけることにより、夜間の犯罪が減少したということもありました。ただし、色の印象は人によって違いますので、一概には言えないことが難点です。色の選び方を知ればソファベッドの選択もグッと増えますね。